「多機能ハガキ」はそれを『送る』という行為を通じて
自己実現を加速し、世界を幸せに導くための活動に参加し、
社会にとって有益な情報を伝えるための役割りを果たす。

─────そうしたライフスタイルの
提案を販売していると言えるでしょう。

実用新案登録取得済【実願2012-003431号】

多機能ハガキの組み立て方

自立設置

多機能ハガキは指定の部位を折り曲げたり、接着することで、自立する立体物になります。こうすることで、机の上など目のつきやすい場所に常に置いておくことが出来るようになります。
この機能により、送付した郵便物が受取人やその周囲の人々の目に触れる機会を増大させ、その結果として広告や告知の効果を高めたり、忘却を防止するなどの利便性を高めることが可能になります。

積層利用

多機能ハガキは指定の部位を折り曲げたり切り込みを入れることで、重なり合った状態で使用する事が出来ます。
こうすることで、個別の葉書を連続した情報として扱うことができます。
最大のメリットは、送付物を連結させることで前後の情報も含めて破棄されにくくなる、という点にあります。
この機能により、送付した郵便物が受取人やその周囲の人々の目に触れる機会を増大させ、その結果として広告や告知の効果を高めたり、忘却を防止するなどの利便性を高めることが可能になります。