プロモーションのジャンルにおいて、
キャラクターを使った表現を本当に数多く見かけるようになりました。

キャラクターマーケティングという言葉が生まれるほど、
その潜在的な効果に期待が寄せられています。

キャラクターは社員と違って酷使しても疲れません。
ギャラは発生しませんし、スキャンダルも起こしません。
その発言は宣伝色を感じさせることなく、耳に入ってきます。

さあ、御社でもこの機会に公式キャラクターを生み出してみてはいかがですか?


コミック

公式キャラクターの企画・制作に関するお問い合わせは、弊社営業担当まで。
さらに詳しくご説明させて頂きます。