ひと昔前まではホームページにはとにかく人をよんでこよう、
という「数打ちゃ当たる」的な発想でした。

現在はもっと効率が重視されています。
つまり自社の商品やサービスを購入する可能性の高い人を集めようという考え方です。
さらに集めた見込み客のアクセスをムダにせず、効率よくコンバージョンを獲得するために
「ランディングページ」という考え方が浸透してきました。

詳細を語ると誌面が足りないので割愛しますが、
集めたアクセスを無駄なくコンバージョンに結びつけるために、
ランディングページは重要な役割を果たすのだということだけ覚えておいて欲しいのです…。

さあ、御社でもこの機会にランディングページの活用を考えてみてはいかがですか?


コミック

ランディングページに関するお問い合わせは、弊社営業担当まで。
さらに詳しくご説明させて頂きます。